ポンサトーン研究室

メニュー

東京農工大学スマートモビリティ研究拠点

論文

2016年度

論文誌

Yuichi Saito, Pongsathorn Raksincharoensak

Shared Control in Risk Predictive Braking Maneuver for Preventing Collisions with Pedestrians

IEEE Transactions on Intelligent Vehicles, Vol.1, No. 4, 2016, pp.314-324.

井上慎太郎,相川弘幸,井上秀雄,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク

DYCと操舵支援による人間機械協調型運転支援システムに関する研究 (第2報)

自動車技術会論文集,Vol.48,No.1, pp. 111-118, 2017

齊藤 裕一,三本喬之,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク

潜在リスク予測ドライバモデルに基づくブレーキ制御支援システムの設計と有効性評価

自動車技術会論文集,Vol.47,No. 6,pp. 1417-1424, 2016.

清水 司,大桑政幸,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク

緊急ブレーキを仮定した衝突速度に基づく潜在リスクの定量化

自動車技術会論文集,Vol.47,No. 6,pp. 1411-1416, 2016.

Keisuke Kazama, Yasuhiro Akagi, Pongsathorn Raksincharoensak and Hiroshi Mouri

Fundamental Study on Road Detection Method Using Multi-Layered Distance Data with HOG and SVM

Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 28,No.6, pp. 2016.

Pongsathorn Raksincharoensak, Takahiro Hasegawa and Masao Nagai

Motion Planning and Control of Autonomous Driving Intelligence System Based on Risk Potential Optimization Framework

International Journal of Automotive Engineering, Vol. 7 , 2016, pp. 53-60

井上慎太郎,小澤拓巳,平野豊,井上秀雄,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク

DYCと操舵支援による人間機械協調型運転支援システムに関する研究―経路追従走行における高齢ドライバへの支援効果―

自動車技術会論文集,Vol.47,No.3,pp. 737-743, 2016.

北原 圭, 玉川 迅, 吉田 秀久, ポンサトーン ラクシンチャラーンサク, 毛利 宏

低速走行時の操舵負担解消を目指した新しい操舵系の開発とその有効性

日本機械学会論文集,Vol.82, No.840, 2016, pp.1-13.

国際会議

Shintaro Inoue, Takumi Ozawa, Pongsathorn Raksincharoensak

Cooperative Lateral Control between Driver and ADAS by Haptic Shared Control Using Steering Torque Assistance Combined with Direct Yaw Moment Control

Proceedings of IEEE ITSC 2016, Oct. 31-Nov. 4, 2016, Rio de Janeiro, Brazil.

Yuichi Saito, Pongsathorn Raksincharoensak

A Shared Control in Risk Predictive Braking Manoeuvre for Preventing Collision with Pedestrian

Proceedings of IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (IEEE SMC), Oct. 9-12, 2016, Budapest, Hungary.

Kohei Nishizaki, Hiroshi Mouri, Hiroyuki Furusho and Pongsathorn Raksincharoensak

Investigation on the lane tracking steering control with two preview points to make preview time shorter

Proceedings of 13th International Symposium on Advanced Vehicle Control (AVEC ’16), Sep. 13-16, 2016, Munich, Germany.

Shun Tamakawa, Hisaya Tanabe, Kei Sato, Hiroshi Mouri, Pongsathorn Raksincharoensak

Study on reactive steering torque control for bar type steering in high speed range

Proceedings of 13th International Symposium on Advanced Vehicle Control (AVEC ’16), Sep. 13-16, 2016, Munich, Germany.

Yohei Fujinami, Pongsathorn Raksincharoensak, Yuta Akamatsu, Dirk Ulbricht and Rolf Adomat

Risk Predictive Safe Speed Control for Collision Avoidance in Right Turn Dynamic Environment Situation

Proceedings of 13th International Symposium on Advanced Vehicle Control (AVEC ’16), Sep. 13-16, 2016, Munich, Germany.

Shintaro Inoue, Hideo Inoue, Takumi Ozawa, Pongsathorn Raksincharoensak

Enhancing Path Tracking Performance by Using Haptic Shared Steering Control Combined with DYC

Proceedings of 13th International Symposium on Advanced Vehicle Control (AVEC ’16), Sep. 13-16, 2016, Munich, Germany.

Pongsathorn Raksincharoensak, Tetsuya Ehira, Keisuke Shimono, Yasutaka Tagawa

Autonomous Vehicle Trajectory Planning and Control Based on Virtual Disturbance Compensation via Simulation of Feedback Control Systems

Proceedings of 13th International Symposium on Advanced Vehicle Control (AVEC ’16), Munich, Sep. 13-16, 2016, Germany.

Yuichi Saito, Takayuki Mitsumoto, Pongsathorn Raksincharoensak

Effectiveness of a Risk Predictive Shared Steering Control Based on Potential Risk Prediction of Collision with Vulnerable Road Users

13th IFAC Symposium on Analysis, Design, and Evaluation of Human-Machine Systems (HMS 2016), Aug. 30-Sep. 2, Kyoto, Japan.

Yuichi Saito, Pongsathorn Raksincharoensak

Risk Predictive Shared Deceleration Control: Its Functionality and Effectiveness of an Early Intervention Support

IEEE Intelligent Vehicle Symposium Workshop on Human Factors in Intelligent Vehicles (HFIV’16), Jun. 19-22, 2016, Gothenburg, Sweden.

Yasuhiro Akagi and Pongsathorn Raksincharoensak

Longitudinal and Lateral Motion Planning Method for Avoidance of Multi-Obstacles in Urban Environments Based on Inverse Collision Probability

IEEE Intelligent Vehicle Symposium Workshop on Human Factors in Intelligent Vehicles (HFIV’16), Jun. 19-22, 2016, Gothenburg, Sweden.

Roman Henze, Orhan Atabay, Pongsathorn Raksincharoensak

Monitoring Driver – Vehicle Control in Automated Driving Applications

14-th IFAC Symposium on Control in Transportation Systems, May 18-20, 2016, Istanbul, Turkey.

国内会議

江平哲哉,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク,霜野慧亮,田川泰敬

仮想外乱フィードバック補償シミュレーションによる自動運転車両の障害物回避時の運動計画と制御

日本機械学会関東支部講演会, 東京理科大学, 2017年3月13日.

山崎彬人,上浦 和明,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク

時系列ステレオ画像を用いたプレビューサスペンション制御のための路面変位推定

ビジョン技術の実利用ワークショップ, Vision Engineering Workshop, ViEW2016, OS6-O1, 横浜, 2016年12月9日.

齊藤裕一,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク

ハプティックシェアードコントロールによる潜在リスク予測運転能力の向上

計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 SSI 2016, 滋賀, 2016年12月6日-8日.

黒田聡,齊藤裕一,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク

潜在リスク予測ドライバモデルに基づくブレーキ制御支援‐無信号交差点における歩行者事故低減効果の分析

計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 SSI 2016, 滋賀, 2016年12月6日-8日. 

藤波洋平,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク,赤松湧太

リスク予測型安全速度制御による交差点右折時の衝突回避システムの開発

第25回交通物流部門大会, No.3302, 東京, 2016年12月2日.

山田剛史,赤木康宏,堤成可,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク

無信号交差点右折時における交差車両衝突回避支援システムの開発

第25回交通物流部門大会,2016, No.3301, 東京, 2016年12月2日.

堤成可,佐藤桂,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク,毛利宏

対歩行者事例におけるヒヤリハットデータベースのドライビングシミュレータへの応用方法の検討

第25回交通物流部門大会,No.1305, 東京, 2016年11月30日.

山崎彬人,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク,小竹元基

車載カメラを用いたドライバの顔向き推定による注視領域抽出

自動車技術会秋季大会学術講演会,No.177, 札幌, 2016年10月20日.

赤木康宏,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク

先読み運転支援を可能にするための逆衝突確率モデルを用いた経路計画手法に関する研究

自動車技術会秋季大会学術講演会,No.22, 札幌, 2016年10月19日.

江平哲哉,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク,霜野慧亮,田川泰敬

オンボード車両モデルのフィードバックシミュレーションを用いた障害物回避時の運動計画と制御

自動車技術会秋季大会学術講演会,No.23, 札幌.2016年10月19日.

吉川尚杜,加藤篤,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク,岡本裕之,大島康平,曽根原努

直接ヨーモーメント制御による超小型電気自動車の耐転覆性能向上に関する研究

自動車技術会秋季大会学術講演会,No.46, 札幌.2016年10月19日.

上浦 和明,山崎彬人,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク

ステレオカメラを用いたプレビューサスペンション制御のための路面変位推定

第21回知能メカトロニクスワークショップ,1A1-5, 函館,2016年8月29日.

井上慎太郎,相川弘幸,井上秀雄

DYCと操舵支援による人間機械協調型運転支援システムに関する研究 (第2報)

自動車技術会春季大会学術講演会, 横浜.2016年5月27日.

齊藤 裕一,三本喬之,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク

潜在リスク予測ドライバモデルに基づくブレーキ制御支援システムの設計と有効性評価

自動車技術会春季大会学術講演会, 横浜.2016年5月27日.

清水 司,大桑政幸,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク

潜在危険場面における自律運転知能のためのリスク定量化~駐車車両回避時の経路生成への適用

自動車技術会春季大会学術講演会,横浜.2016年5月27日.

堤 成可, 佐藤 桂, ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク, 毛利 宏

ヒヤリハットデータ分析による歩行者の回避行動に着目した歩行者横断行動分析

自動車技術会春季大会学術講演会, 横浜、2016年5月26日.

COPYRIGHT ©2019 PONGSATHORN LAB. ALL RIGHTS RESERVED.

ページトップへ

メニューを閉じる